Loading...

Classic Home

Classic Home2020-01-13T17:12:40+09:00

Latest News!

主に不動産取引における売買、賃貸、業界の豆知識などお客様の為になる情報を発信しております。

2021.6.24

6月 24th, 2021|Categories: News, 不動産を買う時、売る時, 不動産コンサル, 不動産業界実情|Tags: , , |

今月もあと一週間・・・時の進行が早いですね。 街場の同業者の声を聴くと景況感もイマイチの業者が多く、商品仕入れに四苦八苦しております。

2021.6.24 はコメントを受け付けていません

2021.6.10

6月 10th, 2021|Categories: News, 不動産を買う時、売る時, 不動産コンサル, 不動産業界実情|Tags: , , |

最近の案件は資産処分がキーワード。団塊の世代が後期高齢者になり、その下の定年後10年の世代が、元気なうちに不動産処分して子孫に負担を残さない・・・。処分理由として多ございます。負担となる不動産とは? いわゆる地目が原野、山林とかの市街化調整区域内や境界すらもわからない山の中の土地・・・。その方たちが20代30代で希望を持っていたころ、将来の別荘用地として販売業者の説明に疑いを持たずに買った土地なのです。処分できれば御の字なのね。  

2021.6.10 はコメントを受け付けていません

2021.5.29

5月 29th, 2021|Categories: News, 不動産を買う時、売る時, 不動産コンサル, 不動産業界実情|Tags: , , |

5月も残り僅かです。振り返ってみるといろいろありました。いろいろな事に汗をかき、かいた分だけ結果が報われた月でもあったのです。取引然り、調停結審然り・・・。ひとつひとつの事を振り返ってみて、物事を進めていくにあたり、どこを見ているかによって結果が変わります。取引なら決済からの逆算で、いつ何を行うさえ踏まえれば多少の事があっても修正が聞きます。しかし、対人間比重の高い調停となると更に深く、いつ何を行うか?によって結果が変わります。それは、目の前だけを見た対応では納得のいく結果を得られず、はるか遠くを見通す推察と洞察が無いと納得の結果を得る事は出来ないのです。この推察や洞察は想像力から生まれるもので、この手を打ったら、返しはこう来て、それに対してここで予め手を打つという、将棋や囲碁のような思考に通じるものがあります。購入や売却にも通じるかな・・・。 来月着手の案件はまさしく将棋の駒を進める感じ。ひとつひとつの進め方でこちらの要望を吞んでもらい、合意をとるために 今何を出して、次はこれを出す・・・の組み立てに沿って決めていくのね♪

2021.5.29 はコメントを受け付けていません
Load More Posts

納得・安心の定額制

不動産業界で価格の透明化を目指します。

なぜ定額制を実現できるのか?

『売買』『賃貸』
スコアンなら定額制

当社は、不動産売買仲介手数料定額制で価格の透明化を目指します。不動産の価格に対して手数料をもらうのではなく不動産業界以外では当たり前のことである「お客様の利益」を優先し、お客様主義で行った業務に対して対価を頂く、スコアンではそんな不動産のプロを目指しております。

不動産仲介手数料は企業努力で安くなります。

不動産会社を通して、お客様が、一戸建てやマンションなどの物件・土地の売買契約を締結した場合に物件価格とは別にお客様が不動産会社(宅地建物取引業者)に支払う報酬のことをいいます。取引金額が400万円を超える場合、取引金額×3.15%を加えた額を上限とすると宅地建物取引業法で定められています。

1,500万円

戸建てを売買した場合に売主、買主が不動産会社へ支払う一般的な各仲介手数料は?

取引金額×3.15%を加えた額が上限宅地建物取引業法)

買主側の仲介手数料/47.25万円
売主側の仲介手数料/47.25万円
——————————-
仲介手数料 合計/94.5万円(税別)

3,000万円

戸建てを売買した場合に売主、買主が不動産会社へ支払う一般的な各仲介手数料は?

取引金額×3.15%を加えた額が上限宅地建物取引業法)

買主側の仲介手数料/94.5万円
売主側の仲介手数料/94.5万円
——————————-
仲介手数料 合計/189万円(税別)

不動産 仲介手数料 定額制で価格の透明化を。

専属の代理人として特化したスタイル

当社はセールス営業を行いません。

一般的な不動産仲介業者のように、電話でアプローチをしたり物件を探しては紹介する、といった事はいたしません。お客様より依頼された物件を専属の代理人として、専門知識・経験の必要な価格・条件交渉の場でプロとして活躍します。代理業に特化したスタイルです。セールス営業マンの人件費が必要ないのです。

チラシ広告などの紙媒体の見直し

広告費を大幅に削減しています。

不動産仲介業者はお客様獲得のために、チラシ広告などの紙媒体に多大な広告費をかけてます。私たちはインターネット(ホームページ、メール)のメンテナンス、維持費用のみで紙媒体と比較して広告費の大幅な削減に努めています。

不動産を購入売却する際にまずはインターネット

WEBサイトを有効活用する時代。

不動産を購入売却する際にまずはインターネットといえる時代です。購入・売却・賃貸などを考えた時、YAHOO!不動産、アットホーム、HOME’Sといった不動産ポータルサイトを利用する方が昨今では自然な流れです。

インターネットというインフラが整った情報社会の時代だから

お客様ご自身で自由なスタイルで物件をお探しください。

現在、不動産物件情報のほとんどがレインズ(不動産流通機構が運営する物件情報のコンピューター・ネットワークシステム)に物件登録されています。それによりYAHOO!不動産、アットホーム、HOME’Sといった不動産ポータルサイトが運営されています。多くの方が不動産の購入・売却はまずインターネットからという時代です。既存の新聞折り込み広告などからも物件を探すことが可能です。

不動産賃貸事業

お客様専属の代理人として専門知識・経験の必要な価格や条件交渉の場でプロとして、常にお客様の利益を全力でサポート致します。

時代とともに移り変わる資産としての不動産価値を、プロの”視点”で見極め、潜在的価値を戦略的に活用することで、
付加価値の高い資産価値へと変化させて参ります。

Score consultant

不動産の売買、賃貸、相続、税金など、他どんなことでも
まずはスコア・コンサルタントへご相談ください。

お問合せはコチラ